logo left logo


第9号 「今昔物語集」読書記録6

● 課題図書
 「今昔物語集」
● とき
第45回 2008/2/1 (瀬戸山宅) 第46回 2008/2/4 (風花宅) 第47回 2008/4/8 (間田宅) 第48回 2008/4/11 (瀬戸山宅) 第49回 2008/6/24 (風花宅) 第50回 2008/7/7 (間田宅) 第51回 2008/9/29 (瀬戸山宅) 第52回 2008/10/14 (風花宅) 第53回 2008/12/11 (間田宅)

訛りなつかし、そを聞きにいく

 晩秋の候、私は上越新幹線MAXときに乗って、一人東京から新潟に向かいました。この地を訪ねるのは三十数年ぶりです。
当時はまだ在来線しか走っていなくて、上越線は上野からの始発でした。上野から特急ときに乗り込むと、独特の越後のにおいがしたものです。荷物を持てるだけ持って帰郷する人々、弁当を広げ訛りまじりに話をしている集団、そして冬はかならず長靴に厚手の防水コートといった具合です。
 私は無意識になつかしさを求めていたと思います。しかし今回乗ったMAXとき号は、ロンドンの赤バスよろしく二階建ての車両で重量感があり、二階部分の座席に座ると、かなり高い位置から車窓の景色を眺めることになり、気持ちまで解放されるこじゃれたものになっていました。
列車は広い関東平野を突っ切って、人間臭さとは無縁の空間をただ目的地に向かって超スピードで走り抜けます。群馬県に入ると、程なく越後連山奥深く突入していきます。なつかしさに浸る間もなく、あっと言う間のことです。
 この日はちょうど移動性の寒気団が通りすぎた直後で、まさしく国境のトンネルを抜けると一面の銀世界でした。越後湯沢、浦佐と覚えのある地名を後にすると、すぐ越後平野の穀倉地帯です。 ああ、たまらなくなつかしい!! 私は三十数年前にタイムスリップしていきます。
 新潟は、わが夫が初めて勤めをいただいた所です。結婚間もない私たちは、瀬戸内の街広島から遥か遠くの何も知らないこの地で、新しい生活をスタートさせました。ポーンと放り出された様な不安な気持ちもありましたが、若かりし故に好奇心も旺盛で、すべてが新鮮でした。それに、何より、未熟者の私たちに人生の先輩方がよくしてくださいました。家族も増え、友もでき、青春真っ只中の私たちにとって、それはそれは貴重な数年となりました。
 新潟は自然の厳しく、また美しい所です。特に冬場には、日本海から吹き付ける冷たい強風に悩まされました。雪起こしと呼ばれるすさまじい天空のショウのことも忘れられません。まさに 「怒り狂った大きな龍が、口から火を吹き大音響をたてて天駆けっているような」と例えたくなる光景なのです。これが起こると地上の生き物は次に来るものをだまって受け入れるしかありません。雪が猛烈に降り始め、これでもかと覆いつくしてしまいます。
 気温が下がりすぎた時には、すべてが凍りついてしまいます。凍(し)みた夜の翌朝には窓ガラスに風の紋までも残っているのです。
 MAXときは長岡をすぎ、終点の新潟間近です。 今日も前方の空には黒い雲がうごめいています。大地との境界線が横にゆるやかな弧を描いて遠くまで伸びていて、地球の丸みが感じられる雄大な眺めです。
Hana9 こういう所だからこそ、人々は昔から自然の脅威にじっと耐え、自然の恵みに感謝して助け合って生きてきたのでしょう。
さあ、今夜は新潟一の夜の街・古町で友との宴の席が待っています。私も海や大地の幸に感謝しながら、旧交を温め、なつかしい越後の訛りに耳を傾けることにいたします。
2009/1/15 (風花 記)             

I

  1. 小野 篁は広島出身だった!? (PDF形式)
    瀬戸山 ひろ

  2. ヒトはどのように葬られたのか(PDF形式)
    間田 笑子

  3. 金堂、鎮壇具に見る天平の祈り(PDF形式)
    風花 小町


表紙に戻る