logo left logo


第7号 「今昔物語集」読書記録4

● 課題図書
 「今昔物語集」
● とき
 第35回 2006/9/25 (間田宅) 第36回 2006/10/2 (瀬戸山宅)  第37回 2006/12/8 (間田宅) 第38回 2006/12/11 (風花宅) 第39回 2007/1/30 (瀬戸山宅)  第40回 2007/2/6 (瀬戸山宅) 

もう富士山には行かない?

 この2月、富士山に行きました。「富士山へ行った」というと大抵の人が登ったと 解釈してくれますが、実は「富士山がよく見える宿へ行った」と言うのが正解です。  静岡県にある「国民休暇村 富士」。田貫湖という湖のすぐそばにあります。この 宿を知ったのは4年前の友人たちとの旅、高山からの帰りの車中です。偶然、隣席に いた中年の女性グループから「富士を見たいなら、冬に田貫湖にいくと絶対いい」と 聞いたのでした。彼女たちは京都の人で、良くこうやって友人同士で旅行をしては楽 しんでいるとのこと。旦那様たちはだいじに家に置いてあるとのこと、何だか私たち と同じ境遇で?すっかりうち解けたのでした。 その後行きたいと思ってもなかなか行く機会が無かったのですが、今年遂に4年越 しの恋が実って、当時と同じメンバーで富士山に会いに行ったのでした。田貫湖は富 士五湖に入らない小さな湖です。宿からこの湖越しにまっすぐに富士の裾野がせり上 がり、正面に大沢崩れが見え、周囲に俗化の気配はありません。(土産店一切無し) 二泊三日のうちには雲が多く雨も降り、四六時中富士山の頂きが見えたわけではあり ませんが、富士の右肩から朝の白い太陽が顔を出したときには、はるばる来た甲斐が あると思いました。
 中でも一番感動したのは、朝霧高原で見た富士。雨がようやく止んで日も沈みかけ、 雲一つ無い深い紺色の空になったひとときがありました。その空に、冠雪した富士山 の頂上がにょっきりと、すぐ目の高さに現れた時には息が止まりそうでした。
 地元のタクシーの運転手さんは「どうしてこんなに喜んでいるのかね。まあ確かに 美しい景色だがね・・・」といった面持ちです。
 私は「もったいない。こんないい景色が当たり前なんて、返って気の毒。」と思っ ていましたが、何でも慣れてしまえば感動はうすくなるのでしょうか。結果、もしか したら、もう私はあそこには行かない方がいいのかもな・・・なんて贅沢なことを考 えた次第です。
Hana7 「今昔物語集」読書会も、いよいよ本朝部の最も面白そうなところに入りました。 お二人様引き続きよろしくお願いします。またこの読書会の記録『銀のしずく』をネッ ト上に公開するにあたり、間田さんご夫妻にお手を随分煩わせましたこと、感謝してお ります。 2007/4/2(瀬戸山記)

⇒⇒P.S.表紙は『源氏物語絵巻 御法(みのり)の巻』より。

G


表紙に戻る