logo left logo


第4号 「今昔物語集」読書記録1

● 課題図書
 「今昔物語集」
● とき
 第13回 2004/10/6 (風花宅) 第14回 2004/10/13 (間田宅)  第15回 2004/12/15 (瀬戸山宅) 第16回 2005/1/29 (風花宅) 第17回 2005/3/2 (間田宅) 第18回 2005/3/7 (瀬戸山宅) 

「今昔物語」探検のはじまり

Hana4   須弥世界しゅみせかいには、須弥山しゅみせんを中心に九つの山、 八つの海があり、私たちはその八海の南端に住んでいます。 須弥山自体いくつもの層に分かれ、この山の遙か上、頂上近くから天界が始まるのです。  この天界も何層にも分かれ、下の方は地居二天じごにてんといい、上は空居四天 くごしてんといい、此処までの世界を合わせて欲界四天といいます。 この上にまた天があって色界十八天、更にその上に無色界四天があります。
 欲界・色界・無色界、この3つを合わせて三界 さんがいと言います。八海の下には八つの地獄が広がっています。この須弥世界が最小の一世界であり、一世界が千で小世界、小世界が千 で中千世界、中千世界が千集まって大千世界・・・つまり須弥世界が十億でやっと大世界となるそうです。
 それぞれの詳細 については理解不能なので述べませんが、ここまでは分かりましたか?これだけではありません、釈迦大日弥勒観音、菩薩如来明王天、 顕密、真言、一乗の理、三宝、戒・・・?の世界。
 「今昔物語集」を読み進めるにあたって、このような仏教知識が必要だったことに気づき、茫然とする私(たち)です。また六回の 読書会を経て、約1200もの話のうち、ようやっと31話を覗いたに過ぎないことを知り、愕然とする私(たち)です。
 それにしても膨大な説話集ですよね。次から次へと立派な僧が登場する「仏法」の部の中に、SFっぽい奇譚やちょっとしたユーモア があるとホッとします。そして、早く「仏法」の部を卒業して「世俗」「霊鬼」「悪行」「雑事」の項を読んでみたいと願う「世俗」臭 プンプンの私がいます。 しかし、乗った船から途中で降りたくはないのです。千里の道も一歩から、ですよね。大きな口を開けている 暗い洞穴の中に、これからも怖じけることなく、3人で腕を組んで入って行きましょうね。
 ちなみに「今昔物語集」読苦書会となった今、昼食やおやつがますます楽しみになっている私です。今後ともよろしく。 2005/4/1 (瀬戸山記)

D

  1. 「今昔物語集」随想 (PDF形式)
    間田 笑子

  2. 神仏習合とは―神も仏も同じ?― (PDF形式)
    風花 小町

  3. 馬屋で生まれた二人?―イエス キリストと聖徳太子― (PDF形式)
    風花 小町

  4. 「今昔」の周辺のこと (PDF形式)
    瀬戸山 ひろ


表紙に戻る