logo left logo


第3号 「海上の道」読書記録2

● 課題図書
 「海上の道」(柳田 国男著)
● とき
 第9回 2004/3/17 (瀬戸山宅) 第10回 2004/3/20 (風花宅)  第11回 2004/6/30 (間田宅) 第12回 2004/7/7 (瀬戸山宅) 

夏の思い出

―2004年―

 ただ今9月、やっと秋の気配を感じることができるようになりました。この年齢になると夏の暑さを越えることだけで も年毎に重い課題となってきます。それなのに今年の夏は気候だけでなく、私の生活自体かなりヒートアップしたものと なりました。
 福井では7月に大雨による被害があり、やっと落ち着いてきたなと思う頃こんどはアテネでオリンピック です。夜遅くまでメダルラッシュに沸きました。そんな中私事ですが、8月19日〜25日スコットランドのエディンバラで コーラスのコンサートをしてきました。今年の1月から企画し実現すべく準備をしてきました。 20数名のものが小さな教会他3か所で歌うだけのことなのですが、歌のこと以外にもいろんな問題が山ほどでてくるのです。 まあその分大成功に終わった後の達成感や喜びはまた一段と大きいものがありましたが…。
 この時の体験を文章にした「ギネスとメールとナナカマド」をこの文集に入れさせてもらいました。50才代後半の一主婦の 2004年夏の行動を書き残しておきたかったのです。
Hana3  柳田国男はあまりに大きい存在であることが、彼の作品を読む程にわかってきました。2号で終わりにしかけていた私達で したが、もう半年温めてみようということになりました。その間新聞や本いたる所で柳田国男がとりあげられていました。 彼の名前のほうが目に飛び込んでくると言ってもいいでしょう。約一年間「海上の道」にこだわったおかげだと思います。 彼がいかに大きなテーマに取り組もうとしていたか感じられるようになりました。
 何よりその素材が我々の日常の暮らしの中にあるということがうれしいことです。その上私達の毎日の営みは、よくよく突 き詰めていけば、昔むかしの人間界のみならず宇宙の真理ともつながっているようです…。 2004/9/25(風花記)

⇒⇒P.S.表紙は福井今立の和紙の模様から。

C

  1. ニライカナイ雑記 (PDF形式)
    瀬戸山 ひろ

  2. 日本と沖縄の神話(海神宮考)について (PDF形式)
    間田 笑子

  3. 「金枝篇」(The Golden Bough) と出会って (PDF形式)
    風花 小町

  4. ギネスとメールとナナカマド (PDF形式)
    風花 小町


表紙に戻る