logo left logo


第14号 「日本書紀」読書記録3

● 課題図書
 「日本書紀」
● とき
第96回 2013/11/30 第97回 2013/12/18 第98回 2014/1/24 第99回 2014/2/28 第100回 2014/3/23
第101回 2014/5/21 第102回 2014/5/22 第103回 2014/7/15 第104回 2014/7/16 第105回 2015/10/28 第106回 2014/10/30 第107回 2015/2/12 第108回 2015/2/13 第109回 2015/6/23
第110回 2015/6/24

安芸国に住んでいます。

ある日、この文集を書くための資料を探そうと府中町の歴史民俗資料館に出かけました。 Hana14 しかし安芸国の国府がおかれていたという府中だけあっていくつかの遺跡の発掘の様子なども丁寧に展示してあります。
特に1300年前の古代山陽道の安芸駅(下岡田遺跡)については詳細な展示がみられます。
「古事記」や「日本書紀」ができたころの大宰府と奈良を結ぶ主要道路、私はそうとは知らずこの道を毎日学校に通っていました。
それはさておき、この中にある郷土の資料室はとても充実しているように思えます。
この部屋はいつもは鍵がかかっているのですが、管理人さんに言うと「今ちょうど利用者があって…」とのこと。
まあ、珍しい!…と明るい部屋に入っていくと、一人の女性が資料を調べていました。
年の頃は飛び切りの若さではありませんが、若い!そしてとても綺麗な人!でした。幸い他に人がいなかったのでインタビューしてみました。
彼女は市内安佐南区の川内から来たとのこと。
『新太平記』(山岡壮八・5巻)を読んでいたら、石井末忠(1)という武士がいて府中の出身とあり意外に思い、なぜ安芸・府中の人間が後醍醐天皇に関わりがあったのか調べようとしておられたのです。
しかもその石井の墓が石井城(2) という所にあるのを知り訪ねてみたとのこと。「草ぼうぼうだったでしょう?」などを皮切りに府中の歴史についてお話が弾みました。
結局、彼女の抱いた疑問は未解決、私は郷土の歴史家・横田禎昭先生が知っておられるかも…とお話をし、11月中旬に公民館で歴史講座が始まることをお教えしました。
何でもない出会いなのですが、疑問を解決しようという女性の積極的な姿勢に深く心を打たれたのでした。
この読書会「銀のしずく」も彼女に負けず、お互いの好奇心と知る喜びに育てられて110回まで続いてきましたね。
4人の元気とやる気に乾杯!

(1) 石井末忠は1333年後醍醐天皇が伯耆の船上山に拠った時に馳せ参じて、続いて楠正成とともに1336年足利尊氏と戦い、湊川で戦死しています。
(2) 石井城は城ケ丘団地の向かい側にある低い丘陵で、砦のような小さな城があったらしい。


私はそこを墓とは知らず、立派な岩石(大正8作の碑)によじ登って遊んでいたものです。2015/11/2 (瀬戸山 ひろ記)

N

  1. 福山上戸手 素戔嗚神社(PDF形式)
    宮元 尚子

  2. 正岡 律のこと(PDF形式)
    間田 笑子

  3. 追憶〜幼き日々〜(PDF形式)
    風花 小町

       
  4. 伝説地の誕生(PDF形式)
    瀬戸山 ひろ


表紙に戻る