logo left logo


第13号 「日本書紀」読書記録2

● 課題図書
 「日本書紀」
● とき
第83回 2012/2/22 第84回 2012/2/28 第85回 2012/5/15 第86回 201/5/16 第87回 2012/7/11
第88回 2012/7/11 第89回 2012/11/6 第90回 2013/11/7 第91回 2013/12/11 第92回 2013/3/2
第93回 2013/3/3 第94回 2013/5/14 第95回 2013/5/15

熱き青年の夢・星太郎君のこと

今年も9月1日、武生国際音楽祭(第24回)に、一般市民参加の合唱団の一員として出演した。 Hana13 曲はこの音楽祭の音楽監督を務めている細川俊夫編曲「五木の子守唄」とブリテン作曲「キャロルの祭典」であった。
私はこの音楽祭に20年以上参加してきた。子育てをしながら細々と続けてきた合唱活動であったから、オーケストラ のバックでプロの演奏家の指導のもと、モーツアルトやフォーレ、ベートーベン等の名作曲家の手になる合唱曲を 歌える喜びは、苦労も多い分一層の感動ものであった。勿論、譜読み、音取り、など指導して下さるスタッフの方の サポートなくしては成り立たない。
この夏、留学先のドイツから帰国して、時間があったからと一ヶ月の特別指導を してくれたのが星太郎君である。
彼との初めての出会いは2005年ベートーベンの「荘厳ミサ曲」を歌った年である。 ドイツ人指揮者シュナイト先生指導の時の、ピアノ伴奏者としてであった。あまりの見事さに我々は圧倒された。 まだ芸大指揮科の2年生であった。本番を前にして我々合唱隊の出来上がりの悪さに驚いた彼は、自ら申し出て、 東京から毎週のように自分で高速を飛ばし我々の練習に付き合ってくれた。ピアノの伴奏をしながら難しいリズムを 身体で表現して、何とか分からせようとする心からの指導であった。
  今年の指揮者は彼が留学先で指導を受けているボーン氏であったから、 今年も苦戦していることを耳にして、何か力になりたいと駆けつけてくれたのであろう。若い彼の思いは熱かった。 50〜60代中心の合唱団員を前に、今回は遠慮なく厳しい言葉が飛んだ。
 「声を出すまでの呼吸の準備が足りないんです。」
 「同じことを何度も言わせないで!」 等々。
彼は誠意と情熱を持って、真っ直ぐに対峙してくれた。このことに感謝している。そしてその指導の中に、研鑽を積み 明らかに自信をつけ成長している、今の星太郎君を知ることができた。
翌日彼は、ストラビンスキー「春の祭典」を2台のピアノバージョンで演奏して、モーレツな勉強振りを披露してくれた。 2013/10/16 (風花 小町記)

M

  1. 小さな戦争のお話(PDF形式)
    瀬戸山 ひろ

  2. 日本書紀の姫君たち(PDF形式)
    宮元 尚子

  3. あっぱれ和算(PDF形式)
    間田 笑子

       
  4. 神話と古代の歴史に思いを馳せて(PDF形式)
    風花 小町


表紙に戻る