logo left logo


第12号 「日本書紀」読書記録1

● 課題図書
 「日本書紀」
● とき
第75回 2011/5/16 第76回 2011/5/18 第77回 2011/7/4 第78回 2011/7/6 第79回 2011/10/3
第80回 2011/10/4 第81回 2011/12/12 第82回 2011/12/16

みんなちがって

2011年は本当に激動の年でした。いろいろな「ことば」が一年を駆け巡りましたが、中でも金子みすゞの詩は大きな反響を呼びました。 彼女の人へ向けるやさしいまなざしが、多くの人々の感動を揺り起こしたのでしょうか。
ところで、一年の終わりに私が必ずしていること、 それは「第九を」聴いて、それからゆっくりお風呂に入ることです。
  私の好きな句に「除夜の妻白鳥のごと湯浴みをり」(森 澄雄) があります。第九を聴いた後、白鳥とまではいきませんが、一年を振り返りながらゆっくり浸かるお風呂の心地よさ、何よりの至福です。
N響は、毎年末著名な指揮者を招いて「第九」の演奏をしていますが、指揮者によってその解釈は微妙に違うようです。 それは素人の私にも分かることです。ところが私の中には「カラヤンの第九」という指標があり、どうしてもカラヤンと他の指揮者とを比 べてしまって、「あっ、あそこが違う」「ここのパートはこのようにしたら」などと不遜な聴き方をしてしまうのです。 今年もそんな気持ちで演奏を聴いていると、傍にいた夫が「この指揮者は、ベートーベンの楽譜に忠実に指揮をしているんだろうな」 と申しました。その途端、「あぁ、そうだったのか」と私は目から鱗の落ちる思いでした。
Hana12 十人十色という言葉があるように、人にはそれぞれの感性があるのです。私はそのことをすっかり忘れていて、自分の指標で「第九」を 聴いていたのでした。
ところで、2003年に始まった私たちの読書会も早や9年目をむかえました。メンバー四人、それぞれが強烈な 個性を発揮して、侃々諤々意見を言い合っています。 でも、会の終わりには楽しいおしゃべり。このひとときがまた最高の時間です。
「みんなちがって、みんないい」それぞれの家庭の事情や体調の問題もありますが、いつまでもこの集いが続きますように願ってやみません。 2012/2/1 (間田 笑子記)

L

  1. 月夜の贈り物 (PDF形式)
    風花 小町

  2. 出雲にたたらを見に行く(PDF形式)
    瀬戸山 ひろ

  3. 邇保姫神社探訪記(PDF形式)
    宮元 尚子

  4. 忘れられた神ーカグツチ (PDF形式)
    間田 笑子

表紙に戻る