logo left logo


第11号 「日本永代蔵」読書記録

● 課題図書
 「日本永代蔵」
● とき
第64回 2010/2/12 第65回 2010/2/15 第66回 2010/4/13 第67回 2010/4/16 第68回 2010/6/15 第69回 2010/10/4 第70回 2010/10/5 第71回 2010/12/13 第72回 2010/12/15

感謝、感謝

 ちょうど一年前、間田笑子・瀬戸山ひろの両氏から、「次は『日本永代蔵』を読むのよ。」と伺いました。『銀のしずく』の活動については事あるごとに 伺っていましたが、私にはとても近寄り難いサ一クルでした。『今昔物語集』を全巻読む!(本朝だけではないのです)と聞いただけでめまいがしそうでし た。それを5年かけてこつこつ読み進めてこられ、その上、節目節目では読書会記録集を上梓された。ただただ頭が下がるぱかりです。
 そのサークルが今度は西鶴の『日本永代蔵』を読む。40年前大学の授業で読んだような…。おっかなびっくりで本箱を眺めてみると、ありました。色が 変わっていますが、大学の授業で使ったテキストです。暉峻康隆著、明治書院刊、定価150円、140ぺ一ジの冊子です。巻四まで書き込みをしていますので 間違いなく授業を受けたようですが、頭の中には何も残っていません。そのテキストを手にしたとき、ふらふらとひろさんに電話してしまいました。「私も 一緒に西鶴を読みたい!」
 あぁ、私は早まったかなと思ったのは数日後、風花小町氏からお電話を頂いた時でした。交代でリーダーとなって作品を読み進めること、『銀のしずく』 に文章を載せることが会の約束だけれど、大丈夫よね。そう、わかってはいますが大丈夫かどうか。まぁ成る様に成るでしょうといつもの軽さで「ハイ」と お返事をして、晴れてメンバーに加えていただき、多くの刺激を頂きながら五巻まで読み終え、後は六巻を残すのみとなりました。 Hana11
 そしてやってきました。2週間後には原稿を出さなくてはいけません。何を書けばいいのだ! 何から手をつければいいのだ! 半パニック状態に陥りながら、 この文章を書いています。まずは表紙を作って、それから前書きを書いて、これが終わったらもう一度巻一から読み直します。西鶴さんの世界に遊べた読 書会、毎回が楽しみでした。楽しい時間を与えてくださったメンバーに感謝して、レポートに挑戦します。
2011/1/26 (宮元 尚子みやもとしょうし記)             

K

  1. 女たちはしなやかに、そしてしたたかに (PDF形式)
    間田 笑子

  2. 十日の月(PDF形式)
    風花 小町

  3. 西鶴流商人魂について(PDF形式)
    瀬戸山 ひろ

  4. 和国にかくれなき情報通 (PDF形式)
    宮元 尚子


表紙に戻る