logo left logo


第10号 「今昔物語集」読書記録7

● 課題図書
 「今昔物語集」
● とき
第54回 2009/2/3 第55回 2009/3/16 第56回 2009/5/19 第57回 2009/5/21 第58回 2009/7/10 第59回 2009/7/13 第60回 2009/9/29 第61回 2009/10/1 第62回 2009/12/11 第63回 2009/12/14

「今昔物語集」との出会いに感謝

 いよいよ「今昔物語集」とも今回で一応お別れすることになった。この物語の入り口に立ったのは2004(平成16)年10月。とてつもなく深くて広い洞窟 にどう分け入ったら良いのやら。「本朝部仏法」から読み始めた為に、まずは仏教用語との闘いであった。しかし、「本朝部上中…」と読み進め「下」に至 る頃には、この物語の醍醐味にどっぷりつかって、わいわいとにぎやかに読み進められるようになった。時には頑固者同士が「いや、その考え方はどうもね え…」「そんなのはあり得ないよ!」という具合に自分の主張を言い続けたりした。特に古代の葬送の方法ついては、まとまらないままだったが、こうやっ て論争する?のは大変楽しかった。
 この5年の間にはいろいろな出来事があった。会員3人それぞれが、親しい身内と別れるという悲しい出来事も。
今、私の父は96歳で、ある終身介護のホームに入って5年、いよいよ最期の時を迎えようとしている。ここ1週間、野菜ジュースと牛乳だけなのに、普段 通りに生きている。「あ〜もう十分生きた。もういい。…あちらにいったらお母さん(妻)と下呂温泉に行くよ。」とか言っている。
 何かこの世に残したでもなく、平凡な一生。田舎から上京し、22歳で2・26事件の戒厳令に遭遇し、戦争中は役人としてジャワ(インドネシア)に行き、31 歳で内地の母と写真結婚し、帰還後はベビーブームで生まれた子供たちを育てる為に働き、老後は孫の世話をしながら妻と全国各地を旅行した。87歳からは、 認知症を患った妻の所に、毎日のようにクリームパンと熱いおしぽりを持って見舞いに通った。90歳で終身介護のホームを探してくれと言い、ホームは自宅 と違って暖かいと喜んだ。
 また平凡とは言え、戦争体験者として言葉少なに語ってくれた幾つかの話は忘れられない。よくよく想像力を働かせてみると、父も時々光る「生」の感動 に、心を躍らせながら生きてきたことが感じられる。今昔に登場した人たちと何ら変わっていないと思えてくる。 Hana10
 「今昔物語集」に登場した人たちには、偉人も天皇も高僧も居る。しかし、本当に生き生きと描かれていたのは大部分が庶民であった。また、偉大と言わ れていた人たちの失敗談や奇行も、親しみのある視点で語っていた。
 父もやがて「今昔物語集」の中の登場人物の一人として、長い人間の歴史の中に帰って行くのだろう。多くの感動や力を与えてくれた「今昔物語集」に今 とても感謝している。
2010/1/ (瀬戸山記)             

J

  1. 私のベートーヴェン (PDF形式)
    間田 笑子

  2. 人は何を信じ、何に祈る?(PDF形式)
    風花 小町

  3. 食いしん坊の今昔物語集(PDF形式)
    瀬戸山 ひろ


表紙に戻る